So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

滋賀県三曲協会講習会 [講習会]

来週末 滋賀県三曲協会 三曲研修会に講師で行きます。
大畠菜穂子と二人で車移動。

その後四国高松に渡って四国学生邦楽連盟の合宿へ。

香川大学は私の母校です。

どちらも楽しみにしております。
nice!(1)  コメント(0) 

新曲八重奏「送り囃子の夜」公刊もうすぐ [邦楽]

IMG_1014s.jpg

「送り囃子の夜」公刊譜が届いた
発売は8月31日全奏協フェスティバルでの初演日に

IMG_1015s.jpg

ウチの譜面、非常に老眼に優しいと自負しております。
箏譜のみならず尺八も
nice!(0)  コメント(0) 

新曲八重奏「送り囃子の夜」 [邦楽]

「送り囃子の夜」
箏3、十七絃、三味線2,尺八2
いつもの八重奏
okuri_s.jpg

やっと譜面(縦譜)が出来上がって今日家庭音楽会に出版のため送付。最近はほぼ版下状態で送ってます。
8月31日全国邦楽合奏フェスティバルでの初演と同時に発売予定。確認のため坂本社長さんに電話したところ、「コクーン」売れてます、とのこと。ありがたい。

ちなみに「送り囃子の夜」仮音公開も初演以降になります。ねぶた囃子を参考に祭の一日を描いています。

nice!(0)  コメント(0) 

新曲八重奏「送り囃子の夜」完成 [邦楽]

昨日ですが、「送り囃子の夜」
やっと完成。

で、朝一でデモ音源のため尺八の録音をし用と思ったのだが、録音用ノートPCの電源がなぜかは入らない。裏蓋開けてSSDの抜き差しなど試したが反応ゼロ。
最後に電源を疑ってみた。

揃えておくもんだね、テスター。

PCに繋ぐ端子に電気来てません。で使わなくなったノートPCの電源ACアダプターで電圧の合う物をみつけて端子の付け替え。

揃えておくもんだね、ハンダセット。

IMG_1009.JPG

危うくノートPC買いに走るところだったが、無事録音終了(尺八の方は疲れ切ってヘロヘロですが)
nice!(0)  コメント(0) 

プチツーリング [バイク]

yamanaka.jpg

少し仕事に余裕が出来たので富士五湖へプチツーリング

中央道→道志→山中湖→河口湖→西湖→精進湖

暑かったわ。気持ちよかったけど。
nice!(0)  コメント(0) 

新曲八重奏「送り囃子の夜」 [邦楽]

desk_s.jpg

8月31日全奏協フェスティバルで初演。
楽譜同時発売予定。

箏3,十七絃、三味線2、尺八2 の八重奏

で、苦しんでおります…。

関係者の皆様 あと少しです。

 
nice!(0)  コメント(1) 

ちなみに「ヒ」の半音 甲 [邦楽]

hi_s.jpg

ちなみに上記、都山でいう「ヒの半音(甲)」 八寸だとC#
多分原理としてはツの三倍音がCで、さらに2孔を空けることによってC#にしているのだろう。

メらずに吹いてピッチが合うように2孔で調整。
楽器により、六寸、八寸によっても空ける面積は全然違います。

「ロ」マイナーのドミナント、「チ」セブンの三度だからよく出る。(わかる人だけね)

クレッシェンドもきくので憶えておくと便利。
nice!(0)  コメント(0) 

尺八「ロ」の三倍音 [邦楽]

高松のコンサートで三木稔先生の「秋の曲」を演奏させて頂いたので、ちょっとその関連。

途中で ロ(乙)ロ(甲)ツ(半音)チーーー
と消えるようにチの甲音で伸ばさなければいけないところがある。

日頃の練習不足のせいで、どうも成功する確率が100パーセントとはならない。

そこでふと思ったのが 「ロ」の三倍音
ロの三倍音s.jpg

そのまま吹くと(楽器にもよるが)「チ」より少し高い。でも今回はその方が助かる。
弱く吹きたい音はメッて作りたいから。
息を減らし、消えゆくのに合わせて3孔を開いてゆけば最後までピッチが下がらない。



で、本番も成功。

甲の「チ」ピアニッシモ限定。いかがかな。
nice!(0)  コメント(0) 

アンサンブル煌 演奏会を終えて [邦楽]

20180520_ページ_1s.jpg

尺八をはじめたのが香川大学邦楽部竹友会というクラブだった。もう40年以上前か。
勉強もしないで尺八ば~っかり練習してて少しばかりうまくなってしまい勘違い。
かなり嫌な感じの青年が出来上がってしまいました。

上京して「NHK」育成会と有名現代邦楽グループに入ればなんとかなるさ と思ってしまい上京。
私ぐらいの実力ではどうにもならん世界だとすぐに気づいたが時すでに遅し。
尺八の仕事どころか日々食べてゆくのが精一杯の時代。「邦楽アンサンブル煌」の片山先生は私をゲストとして声を掛けてくれました。どれほど勇気づけられたか。

その片山先生は2年前「邦楽アンサンブル煌」の定演を見守るように亡くなられました。今回は先生の追悼の意味もあり、大学OBなど数多くの方が全国から集まり出演しました。入場者数も多く、片山先生の思いが実った感じがしました。

最後に自分の「AXIS」を全員で演奏して頂きましたが、40年前には想像だにしなかったことで、感激でした。偶然といいますか運命と言いますか 私の母の遺品の箏が中に一面入っていました。

幸いにも片山先生の思いはグループに受け継がれ、成長しています。今後の発展が楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -